メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自治体アンケ

残土「法規制必要」41% 「不要」の倍

建設残土の投棄を直接的に規制する法整備の要否

 建設残土を有料で受け入れた業者が山林などに投棄し、大雨などで崩落する問題が全国各地で起きている。毎日新聞が47都道府県と20政令市に実施したアンケートで、投棄を直接規制する法整備の必要性の有無について自治体の41%が「必要」とした。土砂の撤去などを命じる条例は半数近い32自治体が制定・適用しているが、県境をまたぐ広域的な投棄への対応や、条例より強い抑止力を望む声が多く、全国統一のルール作りが求められている。

 建設残土はリサイクルの余地があるため廃棄物処理法の対象外で、法規制が弱く有料で受け入れ投棄する「残…

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1189文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 京アニ放火 確保の男「小説盗んだから放火」 一方的な恨みか
  5. 一瞬で真っ黒…京アニ火災 「爆燃」「フラッシュオーバー」との見方

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです