メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

パラスポーツで社内まるく 親睦に導入 「心のバリアフリー」図る

JR千葉駅の駅ビルで開かれたボッチャ大会。企業チームは社名が入ったそろいのビブスや法被姿で参加した=千葉市中央区で2018年10月12日午後7時16分、斎藤文太郎撮影

 2020年東京パラリンピックに向け、民間企業が社内の親睦会や運動会などにパラスポーツを取り入れる動きがじわりと広がっている。障害者への理解促進や共生社会という理念の浸透が主な目的で、参加者からは「一体感が高まり、業務にも効果が期待できる」との声も上がる。【斎藤文太郎】

 今月12日、千葉市のJR千葉駅の駅ビルで、民間企業、自治体、大学の計12チームが参加するボッチャ大会が初めて開かれた。ボッチャはボールを投げたり転がしたりして目標の球にいかに近づけられるかを競うカーリングに似た競技。参加者は円陣を組んで士気を高め、好プレーを拍手でたたえた。特設コートの周りには足を止めた通行人らの人垣ができた。

 優勝したのはNTT東日本千葉支店。営業担当の濤川(なみかわ)翔太さん(24)は「ルールはシンプルだが、駆け引きもあり奥が深い。熱くなった」。上司や同僚とハイタッチで優勝を喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文1033文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会見後に予定入れたのは「打ち切り」のため? 原稿棒読みの場面も多く 菅首相

  2. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  3. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  4. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです