メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラムサール条約

宮城・志津川湾登録 豊かな志津川湾、守る 元北大助教の町職員が支援

志津川湾

 国際的に重要な湿地の保全を目指すラムサール条約に宮城県南三陸町の志津川湾が登録された。その陰に、湾の生態系調査や環境保全に尽力してきた男性がいる。同町農林水産課の阿部拓三さん(44)だ。東日本大震災後、「環境を守る力になりたい」と、北海道大の助教を辞めて復興に携わってきた。「登録はこの湾の素晴らしさを世界に知ってもらうきっかけになる」と優しいまなざしで海を見つめる。

 仙台市出身で、2006年に南三陸町営の研究拠点施設「自然環境活用センター」に研究員として就職。湾に…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです