メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

おもろい女 療養復帰の藤山が笑わせ、泣かせ=評・小玉祥子

 戦前、戦後の大阪で人気を博しながら早世した天才漫才師、ミス・ワカナが主人公。藤山直美の病気療養からの復帰作である。小野田勇作、小野田正監修、田村孝裕潤色・演出。

 漫才師を目指し、出雲から大阪に出た杉子(藤山)は、師匠の芳春(佐藤正宏)から相方の栗丸(小宮孝泰)との縁談を強いられ、恋人で楽士の一郎(渡辺いっけい)と駆け落ち。ミス・ワカナの芸名で一郎と夫婦漫才コンビを組み、成功をおさめる。

 藤山が話芸にさえを見せる。漫才で笑わせ、慰問先の上海で交流を持った飯塚部隊長(石山雄大)戦死のニュ…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文796文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです