メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

脱線事故 事故前、運転士「故障」 負傷者187人

脱線した列車のガラスを割って車内に入り、捜索する救急隊員ら=台湾北東部・宜蘭県蘇澳で2018年10月22日午前0時25分、福岡静哉撮影

 【宜蘭(台湾北東部)福岡静哉】台湾北東部・宜蘭県で21日、台湾鉄道の特急「普悠瑪(プユマ)」号が脱線し乗客366人中18人が死亡した事故は、負傷者がさらに増え計187人となった。うち10人は重傷。台湾鉄道は22日午前の記者会見で、事故発生の約30分前から「機械の故障が起きた」と何度か運転士から連絡があったことを明らかにした。車両の異常による事故の可能性もあるとみて、警察当局などが原因を調べている。

 台湾メディアによると、死者には研修旅行中の中学生や9歳男児ら子供が少なくとも5人含まれている。台湾…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文536文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです