メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英月の極楽シネマ

世界で一番ゴッホを描いた男(2016年、中国・オランダ) 複製の画工が問う「自己」

 中国南部の深セン市に「油画村」と呼ばれる街があり、そこでは有名画家の複製画制作が主要産業。この映画は、1万人を超える画工の中の一人で、独学で油絵を学び、20年以上、枚数にして10万点以上のゴッホの絵を家族と共に描いている趙小勇(チャオシャオヨン)氏を追ったドキュメンタリー。2年以上をかけて撮影された映像は、まるでよく練られた物語のようです。

 「学ぶ」の語源は「真似(まね)ぶ」だとも言われますが、絵を模倣することで趙氏は多くを学んでいきます…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです