メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自転車

ジャパンカップ ブリッツェン会場沸かす 宇都宮 /栃木

 アジア最高峰の自転車ロードレース「ジャパンカップ」の本戦が21日、宇都宮市の市森林公園周回コース(10・3キロ×14周=144・2キロ)で行われ、ゴール前で抜け出したロブ・パワー選手(ミッチェルトン・スコット)が3時間44分0秒で優勝した。県勢は入賞を逃したが、宇都宮ブリッツェンが積極的なレース展開で見せ場をつくり、会場を沸かせた。

 ブリッツェンの選手たちは、1周目から世界の強豪がひしめく集団の前に出て、レースを主導した。例年は世…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  4. 住まいの貧困に取り組む元厚労事務次官の村木厚子さん 拘置所体験から見えた「根っこ」とは

  5. ORICON NEWS のん、片渕須直監督の“脅し”に戦々恐々「気合い入れてね、と…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです