メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
’18記者リポート

UIJターン 富山で就職、若い女性にPR /富山

2018年5月に移転オープンした「くらし・しごと支援センター」大手町オフィス=東京都千代田区大手町で、鶴見泰寿撮影

 全国的に進む地方の人口減に歯止めをかけるため、富山県は若い世代の県内に定着してもらおうと、県内へのUIJターンを進めている。2015年の北陸新幹線延伸開業以降、県内への移住者が増え、17年に過去最多にはなったが、近い将来に出産・子育てを迎える若い女性に限れば取り込めていないのが現状だ。県内出身者はもちろんのこと、県外の若い女性にも定住を考えてもらおうと、首都圏を中心に大都市圏の大学との間で就職支援に関する協定を次々と結んでいる。【鶴見泰寿】

この記事は有料記事です。

残り968文字(全文1191文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 香港人の台湾移住増加 抗議行動との関連を台湾側は明言避ける

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです