メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’18記者リポート

UIJターン 富山で就職、若い女性にPR /富山

2018年5月に移転オープンした「くらし・しごと支援センター」大手町オフィス=東京都千代田区大手町で、鶴見泰寿撮影

 全国的に進む地方の人口減に歯止めをかけるため、富山県は若い世代の県内に定着してもらおうと、県内へのUIJターンを進めている。2015年の北陸新幹線延伸開業以降、県内への移住者が増え、17年に過去最多にはなったが、近い将来に出産・子育てを迎える若い女性に限れば取り込めていないのが現状だ。県内出身者はもちろんのこと、県外の若い女性にも定住を考えてもらおうと、首都圏を中心に大都市圏の大学との間で就職支援に関する協定を次々と結んでいる。【鶴見泰寿】

この記事は有料記事です。

残り968文字(全文1191文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  4. コロナ「消毒」で紙幣損傷 洗濯機やレンジで 韓国、5億円分交換

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです