メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
鳥取地震

2年 空に誓う「福興」の思い 地域発展目指し催し 倉吉 /鳥取

町並みを歩くイベント「福興ウオーク」の参加者ら=鳥取県倉吉市で、阿部絢美撮影

 県中部で最大震度6弱を観測した一昨年10月の地震から21日で、丸2年。発生当初は激しい揺れで多くの住宅が被害を受け、観光地は客足が減り農業にも大きなダメージを受けた。しかし住宅再建が進み、少しずつ活気が戻ってきた。この日は、さまざまな関連イベントが開かれ、地震発生時刻には住民らが「福興」の思いを込めて風船を飛ばした。【阿部絢美】

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文764文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 香港人の台湾移住増加 抗議行動との関連を台湾側は明言避ける

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです