メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今右衛門古陶磁美術館

館長厳選、バカラ153点 ジャポニズムのガラス展 有田 /佐賀

 今右衛門古陶磁美術館(有田町)が明治維新150年記念「ジャポニズムのガラス展」を開いている。フランス・バカラ社のクリスタル製品の中から、館長の十四代今泉今右衛門さん(55)が選んだ153点を展示。今右衛門さんは「その美意識は陶芸と重なり、作陶のヒントになる」と語る。12月24日まで。【渡部正隆】

 展示品には、有田焼の白磁や青磁にそっくりのクリスタルの花瓶がある。ガラスは透明で冷たいはずだが、原材料を工夫し、乳白色や青色の温かいガラス地を創出している。また、唐津焼の花瓶と見まがう手の込んだ製品も。手描きでびっしりと細い線を入れ、窯変による貫入(ひび割れ)まで表現している…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文722文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです