メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

国内ハラスメント事情 禁止法、なぜ未整備 労働者側、告訴・裁判高い壁/使用者側には防止措置のみ

ハラスメントの法的規制を巡る労使の考え方は?

 <access>

 職場のセクハラやパワハラを巡る国の労働政策審議会で、ハラスメントを法律で禁止するよう求める労働者側の主張を、使用者側が突っぱねている。被害者が泣き寝入りする現状を放置しておいてよいのか。【宇多川はるか】

 日本にハラスメント自体を禁じる法律の規定はなく、男女雇用機会均等法が事業主にセクハラ防止措置を義務づけるのみ。パワハラについてはその義務すらない。被害者の対抗手段として刑法など既存の法律に基づき告訴・告発するか、損害賠償を求める民事訴訟を起こす選択肢がある。

 連合が昨秋、約1000人に実施した調査では、ハラスメント被害者の3割が心身に不調をきたし、2割が仕…

この記事は有料記事です。

残り1416文字(全文1707文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. 支局長からの手紙 ゴリラからの警告 /京都
  4. 運慶作と伝わる帝釈天像内に木箱 X線調査で判明
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです