メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成ネット政治史

/6 99年、会議録検索システム供用 「開かれた国会」への長い道=逢坂巌

国会会議録が電子化する前は「総索引」でキーワードを引いた上で冊子の会議録を調べなければならなかった。総索引の作成には労力と時間がかかった。写真は1996年の通常国会(第136国会)を収録した翌97年発行の「国会会議録総索引」から

 インターネットは意見を伝え合うコミュニケーションの道具であると同時に、巨大な情報の保存庫(アーカイブ)でもある。国内の代表的存在の一つが国立国会図書館の「国会会議録検索システム」だ。1999年に国会議員らを対象に運用開始され、2年後に一般公開され、第1回国会(47年)以降の衆参両院の論戦をオンラインで読むことができる。キーワードを基に検索すれば、日付や会議名のリストが瞬時に表示され、該当する質疑にたどりつける。

 かつて会議録の閲覧は、手間のかかるものだった。国会図書館が国会の終了後に発行する会議録の「総索引」…

この記事は有料記事です。

残り1138文字(全文1396文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

  4. レルヒさんもため息? 雪国の新潟、歴史的暖冬で経済大打撃 影響深刻化も

  5. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです