メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

俳人・岡本眸さん=9月15日死去・90歳

=2007年12月19日、馬場理沙撮影

俳句は愛と優しさ 岡本眸(おかもと・ひとみ)さん=老衰のため、9月15日死去・90歳

 生粋の東京っ子。さわやかな感覚と細やかな愛情を表現し、現代俳句を支える女性の第一人者の俳人だった。

 銀座通りに都電が走っていたころ、日本橋の会社の役員秘書をしていて、毎日、都電で通勤した。会社の職場句会の事務をして、当時の大俳人の富安風生に出会ったのが道を変えた。いや、もともとシナリオライターを目指していたというから言葉のセンスは抜群。初めての句集「朝」を出したときから、その現代感覚はずぬけていた。

 <春の都電光りて中の夫(つま)見えず>。下町の新婚の家の朝の出勤風景。「いってらっしゃい」と都電の…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文718文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです