メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知る見るBS11

ややこしい4Kテレビ

 「相当、綺麗な映像らしいじゃない」「でも専用のテレビは高いんだろう」

 12月から本格スタートする超高精細映像4K・8Kの放送。NHKと民放キー局4社、通販テレビなど3社がBSで放送を開始する。地上波、BS(2K)に加えて新たなチャンネルが増えるわけだが、関係者はちょっと浮かぬ顔。肝心の4Kのテレビの売れ行きが芳しくないからだ。8月までの普及率は4割(JEITA=電子情報技術産業協会=調べ)。ところが、ちょっとややこしい。

 現在売られている4Kのテレビには「4Kテレビ」と「4K“対応”テレビ」の二つがあり、「4K“対応”…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文629文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  2. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです