連載

アスリート交差点2020

東京五輪を目指す選手のリレーコラム「アスリート交差点2020」。柔道の阿部一二三、詩の兄妹▽卓球の伊藤美誠▽サッカーの大迫敬介▽バドミントンの奥原希望▽カヌーの羽根田卓也▽陸上の山県亮太▽ソフトボールの山田恵里▽競泳の渡辺一平――の各選手が競技へのこだわり、近況などを率直な言葉で伝えます。

連載一覧

アスリート交差点2020

今を楽しむ 自分の道、自分でひらく=卓球・伊藤美誠

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
心に響いた相田みつをの詩「道」(美術館の許可を得て撮影)
心に響いた相田みつをの詩「道」(美術館の許可を得て撮影)

 今月末からスウェーデン・オープンが始まり、ワールドツアーが再開されます。試合をするのは8月のチェコ・オープン以来。これほど試合間隔が空くのは初めてですが、卓球の土台であるサーブとレシーブの練習にじっくり取り組むことができました。どれだけ実力が付いたのか、2カ月ぶりに対戦する選手たちがどう変わったのか、とても楽しみです。

 今年はこれまで中国選手に8勝8敗。今年から多くの中国選手が国際大会に参加するようになり対戦機会が増えたこともありますが、昨年3勝だったことを思えば勝率5割は悪くないと思います。調子が良くても悪くても、中国選手に勝てる選手になりたいです。韓国・仁川で開催されるグランドファイナルを含めて今年は残り3大会。中国選手に勝ち越して終わりたいです。

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1281文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集