メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

スケートアメリカ 宮原、SPで首位

 【エバレット(米ワシントン州)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカが20日、米ワシントン州エバレットで行われ、女子ショートプログラム(SP)で宮原知子(関大)が73・86点で首位に立った。坂本花織(シスメックス)が71・29点で2位につけ、本田真凜(JAL)は62・74点で4位。フリーは21日(日本時間22日)に行われる。

 男子は世界選手権王者でSP首位のネーサン・チェン(米国)がフリーでもトップの189・99点をマーク…

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1239文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです