メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

影山貴彦のテレビ燦々

頑張れ!有働由美子 見ならいたい偉ぶらぬ姿勢

 有働由美子が「news zero」(読売テレビ系)のメインキャスターに起用され、3週間がたった。放送開始の2006年10月以来、12年間に渡って「NEWS ZERO」のメインを務めた村尾信尚からバトンを受けた。

 人気番組「あさイチ」や国民的番組「紅白歌合戦」の司会をはじめ、日本を代表するアナウンサーと言って過言でない有働が、NHKを離れフリーとなり、最初に選んだレギュラー番組が「news zero」だ。番組タイトルは変わらなかったが、英語表記が大文字から小文字になった。注目度は、それこそ「半端ない」。日々の有働の発言はもちろん、ニュースや報道の在り方などについて、メディアは…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  2. 未消化の有給休暇、どうか成仏して…大阪で「供養」イベント

  3. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  4. 訪日外国人「2030年に6000万人」の“リスク”

  5. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです