メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
暴虐の傷痕

イラク・IS後 拘束3年のヤジディー少年 8歳、心捕らわれたまま 戦闘員の妻慕い「もう一人の母」

 今年のノーベル平和賞に過激派組織「イスラム国」(IS)による性暴力被害を訴えてきたイラクの女性活動家が選ばれた。今年8月、彼女と同じ宗教的少数派ヤジディー教徒で、3年数カ月もの間、ISに捕らわれた少年をイラクで取材した。両親は消息不明のままだが、少年は、自分を解放してくれたIS戦闘員の妻を「もう一人の母」と慕う。理不尽な人生を背負ってしまった少年。その無垢(むく)な姿に、周囲の大人たちは戸惑いを隠せない。

 少年はエイハム・アザド・イリアスさん(8)。2014年8月3日、ISはイリアスさんの故郷シンジャル…

この記事は有料記事です。

残り909文字(全文1164文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです