メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮城・志津川湾

環境守りたい…ラムサール登録で町職員

ラムサール条約の保全対象リストに登録された宮城県南三陸町の志津川湾=本社ヘリから

 国際的に重要な湿地の保全を目指すラムサール条約に宮城県南三陸町の志津川湾が登録された。その陰に、湾の生態系調査や環境保全に尽力してきた男性がいる。同町農林水産課の阿部拓三さん(44)だ。東日本大震災後、「環境を守る力になりたい」と、北海道大の助教を辞めて復興に携わってきた。「登録はこの湾の素晴らしさを世界に知ってもらうきっかけになる」と優しいまなざしで海を見つめる。

 仙台市出身で、2006年に南三陸町営の研究拠点施設「自然環境活用センター」に研究員として就職。湾に…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです