メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・南座

客席を舞台にできる仕組みも 大規模改修終了

関係者に公開された南座の劇場内部=京都市東山区で2018年10月22日午前11時8分、梅田麻衣子撮影

 2年8カ月にわたる大規模改修を終えた京都・南座の劇場内部が22日、報道公開された。1階席は取り払えば舞台と同じ高さに床を仮設でき、舞台の1.2倍の広さの上演空間を生み出せる仕組みを新たに採用。松竹によると、劇場全体を使った参加型のパフォーマンス公演を来年5月に予定しているという。

 赤いシートが鮮やかな観客席は従来の印象…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  3. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです