メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

トランプ氏、INF全廃条約の離脱を明言

トランプ米大統領=AP

新型核兵器の開発着手の方針を明らかに

 【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領は20日、1987年に旧ソ連(現ロシア)と結んだ中距離核戦力(INF)全廃条約からの離脱と、これに伴って新型核兵器の開発に着手する方針を明らかにした。遊説中の西部ネバダ州で記者団の質問に答えた。条約離脱は、ロシアだけでなく中距離ミサイルの開発に注力する中国との軍拡競争を招くのは必至で、日本を取り巻く安全保障環境が悪化する可能性がある。

 トランプ氏はINF条約について「ロシアは長年、合意に違反し続けている。我々はそれを認めない」と指摘…

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文975文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  2. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです