メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ記者死亡

騒がれパニック、首絞める 「殺意ない」

サウジ総領事館に入るカショギ氏(右)=ロイター

サウジ、新たな釈明 政府高官がロイター通信に主張

サウジアラビアの反政府記者ジャマル・カショギ氏が死亡した事件で、サウジ政府高官は21日、ロイター通信に対し、カショギ氏が帰国の説得に応じず大声を上げたため、パニックに陥った当局者らが首を絞め、死亡させてしまったなどと説明した。殺す意図はなかったとも主張した。

 サウジ当局が20日に発表した暫定捜査結果と同様「サウジ王室に責任はなく現場の担当者が勝手にやった」…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文640文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  2. 関西大も「まずは一安心」 容疑者逮捕でほとんどの学校は通常通り朝から授業 拳銃強奪
  3. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  4. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  5. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです