メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

ノーベル化学賞受賞、下村脩さん90歳 長崎市内で

下村脩氏=2015年11月2日、津村豊和撮影

 生体内で生命現象を担うたんぱく質の動きや働きを知る上で欠かせない「緑色蛍光たんぱく質」(GFP)を発見した功績で、2008年にノーベル化学賞を受賞した米ボストン大名誉教授の下村脩(しもむら・おさむ)さんが19日、長崎市内で老衰のため死去した。90歳。葬儀は近親者のみで営んだ。出身校の長崎大が21日、明らかにした。

 1928年、京都府生まれ。51年、長崎医科大付属薬学専門部(現長崎大薬学部)卒。60年に米プリンストン大に研究員としてフルブライト留学した。63年に名古屋大助教授、65年にプリンストン大上席研究員、82年に米ウッズホール海洋生物学研究所上席研究員に就任。01年に米ボストン大名誉教授となった。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文867文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

  2. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  3. よみがえった清水寺「寛永の姿」に 4年かけ本堂や舞台など大修理 京都

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです