メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

下村脩さん死去

研究姿勢は「妥協なき闘い」示した

緑色蛍光たんぱく質(GFP)の試薬を手に講演する下村脩さん=名古屋市千種区の名古屋大で2009年3月26日、竹内幹撮影

家族ぐるみで親しかった馬渕一誠・東京大名誉教授

 「本当の研究は、妥協なき闘いであることを身をもって示した方だった」。19日、長崎市内で90歳で亡くなった2008年にノーベル化学賞を受賞した米ボストン大名誉教授の下村脩(しもむら・おさむ)さん。下村さんの研究姿勢について、長年親しかった馬渕一誠・東京大名誉教授は、そう表現する。

 下村さんの研究の典型的なエピソードが、「家族総出のクラゲ集め」だ。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

  2. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  3. よみがえった清水寺「寛永の姿」に 4年かけ本堂や舞台など大修理 京都

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです