メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲

近藤昭一副代表が収支報告書に記載ミス 近く訂正へ

報道陣の取材に応じる立憲民主党の近藤昭一副代表=名古屋市天白区の事務所前で2018年10月21日午後2時31分、三浦研吾撮影

 立憲民主党の近藤昭一副代表(衆院愛知3区)が、2014~15年に開いた会費制集会の収入を政治資金収支報告書に記載していなかったことが21日、判明した。収入の記載を義務付けた政治資金規正法に抵触する可能性があり、近藤氏は近く訂正する考えを示した。【三浦研吾】

 近藤氏の事務所によると、不記載だったのは、14年6月と15年6月に開催した「サマーパーティー」と15年2月の「いちご狩り」。いずれも会費制で、近藤氏が代表を務める政治団体「21世紀の国づくりを考える会」や「民主党愛知県第3区総支部」(当時)が愛知県選挙管理委員会に提出した収支報告書に収入を記載していなかった。このうち14年のサマーパーティーは大人3700円、小中学生1500円の会費で約1200人が参加したという。

 事務所によると、これらのイベントは実行委員会が主催する形式になっており、事実上、事務所が取り仕切っ…

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1164文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです