メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人労働者

介護分野、期待と不安 入管法改正案提出へ

人形を使ってオムツ交換の練習をする外国人留学生=群馬県渋川市渋川の「群馬パース大学福祉専門学校」で、2018年10月17日、杉直樹撮影

 外国人労働者の受け入れ拡大に向けた入管法改正案が24日召集の臨時国会に提出される。人手不足が深刻な分野を対象とした在留資格の新設が柱で、介護分野も候補の一つだ。外国人留学生が増えている介護福祉士の養成校は需要の高まりに期待する一方、介護福祉士の国家資格を取得しなくても一定期間の在留が認められる可能性があり「留学生が減るのではないか」との不安も広がっている。【杉直樹】

 「ぬいでも(脱がせても)ダイジョウブですか」「オムツをみせてくださいね」

この記事は有料記事です。

残り1042文字(全文1264文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野党「予備費10兆円」を批判 共産・志位氏「国会軽視というより国会無視」

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 登下校中のマスク、文科省「暑い日はむしろ危険」 児童間距離確保に「傘」利用も

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 顧客の預金着服した疑い 東邦銀行元行員を逮捕 総額2800万円か 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです