明治150年

政府式典 「明治倣い国難対処」首相表明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
明治150年記念式典に臨む安倍晋三首相(左から3人目)ら=東京都千代田区の憲政記念館で2018年10月23日午後、川田雅浩撮影
明治150年記念式典に臨む安倍晋三首相(左から3人目)ら=東京都千代田区の憲政記念館で2018年10月23日午後、川田雅浩撮影

 政府は明治改元から150年を迎えた23日、憲政記念館(東京都千代田区)で「明治150年記念式典」を開いた。安倍晋三首相は式辞で、来春の皇位継承に触れ「平成のその先の時代に向け、明治の人々に倣い、未来を切り開いていく。平和で豊かな日本を次の世代に引き渡していく決意だ」と表明した。

 式典には、大島理森衆院議長、伊達忠一参院議長、大谷直人最高裁判所長官をはじめ、閣僚や国会議員ら約400人が参列した。

 首相は、明治改元当時は欧米列強が植民地支配を進めており、「国力に後れをとっていた我が国は国家存亡の危機に直面していた」と指摘。現代の急速な少子高齢化や急激な国際社会の変化を「まさに国難だ」と位置付け、「明治の人々が勇気と英断、たゆまぬ努力で、新しい時代の扉を開けたことに思いをはせながら、この難局に真正面から立ち向かい、乗り越えなければならない」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文581文字)

あわせて読みたい

注目の特集