メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

世界選手権 高橋・松本が銅メダル獲得

 【ブダペスト共同】レスリングの世界選手権第3日は22日、ブダペストで行われ、男子フリースタイルの57キロ級で昨年覇者の高橋侑希(ALSOK)と92キロ級の松本篤史(警視庁)は、3位決定戦を1点差で制し、銅メダルを獲得した。女子で2年連続の世界一を狙う59キロ級の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)、55キロ級の向田真優(至学館大)はともに23日の決勝に進出。銀メダル以上を確定させた。

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 和歌山の新図書館、来年4月オープンへ 1階にスタバ、蔦屋書店も

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. ORICON NEWS 池田エライザ、胸下ロングヘアで印象ガラリ 「幼く見える」「だれかわからへん」

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです