メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

差別助長の「入管礼賛」ノー 「外国人摘発」密着番組に非難拡大 背景や制度の不備にこそ目を

「外国人摘発」密着番組に非難拡大

 在留資格のない外国人の摘発現場を取り上げたテレビ番組が相次いで放送されたことに、「外国人差別を助長する」との非難が広がっている。入国管理局側の主張に沿ったようなシーンが多く、当局側の意図と放送の公平性に対する疑問が膨らむ。【井田純】

 「番組を見た夜は明け方近くまで眠れませんでした。ナレーターの『出て行ってもらいます!』という興奮したような口調が頭に残っています」。こう振り返る中東出身の男性(40)は、東日本入国管理センター(茨城県牛久市)に収容されている。フジテレビの「密着24時! タイキョの瞬間」(6日)を見た時の動揺がよみがえった。

 この番組では、群馬県内に住むベトナム人に対する入管係官の内偵調査に撮影隊が同行。実習先企業から逃げた技能実習生の女性を「資格外活動」で摘発する場面を捉える。別の場面では、インド人が働く工場に入管係官が調査に入る様子を映し出し「出て行ってもらいます!」のナレーションが繰り返された。一方で、外国人が来日に至った背景やオーバーステイの理由などには触れなかった。

この記事は有料記事です。

残り2452文字(全文2903文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 非接触で商品受け取り 「新様式」イオン開業 埼玉・上尾に4日

  2. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  3. 降灰対策に本腰 富士山大噴火想定 回収方法など検討 山梨・富士吉田市

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです