メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

鉄百合奈 未来「見はるかす」 ベートーベンの全ソナタ演奏会

鉄百合奈さん=写真家・堀田力丸撮影

 気鋭ピアニスト、鉄百合奈の躍進が目覚ましい。昨秋は日本音楽コンクールで情趣に満ちたサン・サーンスの協奏曲第2番を弾いて2位、並びに岩谷賞(聴衆賞)を受けると共に、骨太なソナタ本質論をものして柴田南雄音楽評論賞に輝いた。今年は同評論賞を、連続で獲得。来年には、ベートーベンのピアノ・ソナタ全曲演奏会の開催が決まった。まだ東京芸大大学院博士課程に籍を置く26歳。「この若さで全曲演奏はおこがましい挑戦ですが、ベートーベンが第1番を書いたのも20代」と己を励まし、分析と演奏の両面から、独創的なアプローチを試みる。

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1144文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです