メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

改正民法22年から 「成人扱い」どう変わる?

 2022年4月から18、19歳も成人として扱われる。成人(成年)年齢を引き下げる改正民法が6月に成立したためだ。改正により18歳から可能になる契約行為、あわせて適用年齢の引き下げが検討されている少年法について、専門の大学教授に取材した。また、飲酒解禁年齢が20歳に据え置かれたことについて、学生たちがどう捉えているのかを聞いてみた。【まとめ、一橋大・川平朋花】

この記事は有料記事です。

残り1991文字(全文2172文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  3. 電通が本社勤務の5000人を在宅勤務に 50代社員の新型コロナ感染で 最低2週間

  4. イタリア感染拡大で「空気」一変、世界同時株安に 過去の経済危機と違う「感染症独特の難しさ」

  5. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです