メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

大人のかるた

 「上毛かるた」を知っていますか? 1947年発行の群馬の郷土かるたで、「裾野は長し赤城山」や「歴史に名高い新田義貞」など名所旧跡や偉人が読み込まれている。小中学生を対象に毎年大会が開かれるため、群馬で幼少期を過ごした人ならば、ほぼ確実に暗唱できる。記憶力が衰えてきた40代の私ですらすべての札をそらんじられる。なお競技最高峰は県大会だ。

 「東京で大人のための全国大会をやったらどうか」。地域活性化のマーケティングに携わっていた群馬県安中…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです