メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

大槌町旧庁舎解体差し止め訴訟 第2回口頭弁論 地裁 /岩手

 東日本大震災の津波で多数の職員が犠牲になった大槌町の旧役場庁舎を巡り、住民団体代表らが平野公三町長に解体工事と公金支出の差し止めを求めた訴訟の第2回口頭弁論が22日、盛岡地裁(中村恭裁判長)であった。

 町長が解体工事に踏み切ったことについて「町有財産の管理に際し許容された裁量を逸脱している」とする原告側主張に対し、町長側は「重要文化財に指定されていない以上、廃棄や解体の処分は所有者たる町の判断により…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  3. くらしナビ・ライフスタイル @大学 大学・企業の変革主導に期待 「ジェンダー・ダイバーシティー」シンポ

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 大ガス、温室効果ガス2050年ゼロ宣言 「環境保護や社会貢献を意識」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです