県立河北病院

専門看護師が「認知症外来」 /山形

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県立河北病院(河北町谷地)で22日、認知症の専門知識を持つ看護師が患者家族らの相談を無料で受け付ける「もの忘れ看護外来」が始まった。看護師による認知症相談の専門外来は県内初という。

 この日は、身体疾患で入院中の患者家族から1件の相談があった。日本看護協会(東京都渋谷区)から認知症について「認定看護師」の認定を受けた女性看護師が対応。認知症が疑われる患者の行動などを家族から聞き取り、…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文484文字)

あわせて読みたい

ニュース特集