メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あしなが学生募金

県内各地の街頭で、高校生ら呼びかけ /滋賀

街頭で募金への協力を呼びかける高校生たち=滋賀県草津市のJR草津駅前で、小西雄介撮影

 病気や災害などで親を亡くしたり、重い障害で親が働くことができなかったりする子どもの進学を支える「あしなが育英会」の活動を支援しようと、「あしなが学生募金事務局」の街頭募金活動が始まり、県内でも大学生らが各地で協力を呼びかけた。20日から月末までの土・日曜に計4回あり、次回は27、28の両日に実施される。

 募金が全額寄付される、あしなが育英会は今年4月から、従来の無利子の貸与型奨学金に給付分(高校生月2万円、大学生同3万円)を上乗せした新たな奨学金を導入。全国で新たに採用された大学奨学生は712人と前年度(419人)の約1・7倍に増えた。一方、支給額の増額に伴い、募金への協力の必要性も高まっている。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです