メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浄水場

3割、土砂警戒区域内 設置、山の斜面多く 県企業団「ゆゆしき事態」 /香川

土砂災害特別警戒区域内にある東部浄水場=高松市岡本町で、岩崎邦宏撮影

 県内の浄水場の約3割に当たる23施設が土石流や地滑りの恐れがある土砂災害警戒区域や、さらに危険な特別警戒区域内にあることが22日、県広域水道企業団への取材で分かった。7月の西日本豪雨では浄水場が土砂崩れの被害を受けて大規模な断水が起き、市民生活に大きな影響を与えた。県内も南海トラフ巨大地震などの災害が懸念されており、対策が急務となっている。【岩崎邦宏】

 浄水場は河川やダムから取った水を消毒、浄化して水道水を供給する施設。西日本豪雨では愛媛県宇和島市で…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1080文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  2. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  3. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  4. 女子高生死亡事故で男性に無罪 自転車「予見」に疑い 徳島地裁

  5. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです