メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

米がINF条約離脱方針 核軍拡の歯止めを外すな

 1987年12月、ワシントンで中距離核戦力(INF)全廃条約に調印したレーガン米大統領とゴルバチョフ・ソ連共産党書記長の力強い握手は、東西冷戦の終わりを告げる象徴的な光景だった。

     それから30年余り、トランプ米大統領はINF条約から離脱する意向を表明した。旧ソ連の条約継承国・ロシアが同条約に違反しており、中国の核軍拡も米国にとって大きな脅威になっているからだという。

     ロシアの「違反」については北大西洋条約機構(NATO)の事務総長も認める見解を示しており、必ずしもトランプ政権の独断とはいえない。だが、「離脱ありき」で突き進むのはあまりに危険である。

     現在、タカ派で知られるボルトン米大統領補佐官がロシアを訪れ折衝を続けているが、離脱は思いとどまってほしい。ロシアも違反を否定するなら誠実に潔白を証明すべきだ。

     射程500~5500キロの地上発射型の弾道ミサイルと巡航ミサイルを全廃する同条約は核軍縮における歴史的成果である。条約がなくなれば米露は再び欧州などで中距離核の配備に動くだろう。日本周辺の緊張が高まることも避けられない。

     また2021年には米露の新戦略兵器削減条約(新START)の有効期限が切れる。核軍拡の数少ない歯止めである両条約が失効すれば、冷戦中のような軍拡競争が始まり、新たな核保有国も出現しかねない。北朝鮮非核化をめざす米朝交渉にとっても、米国の条約離脱が大きなマイナス要因になるのは必至だ。

     むしろINF条約の精神に沿って核軍縮を推進すべきである。トランプ政権は核態勢に関する報告で特にロシアの脅威を強調し「小型核」の開発・配備にも言及した。だが、脅威に対抗して軍拡に走るより、世界の脅威を減殺する国際交渉を主導する方が有益なのは言うまでもない。

     この問題の背景に見えるのは、核拡散防止条約(NPT)に反して核兵器の削減・全廃の努力を怠り、核兵器禁止条約も相手にしない核保有国の姿だ。本当にNPTを尊重しているなら、米露はINF条約を存続させ、新たな軍縮交渉を始めるべきだ。30年前とは比較にならぬ核戦力を持つ中国も加えて、米露中が真剣に核軍縮交渉を行う時である。

    コメント

    投稿について

    読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

    ※ 本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して毎日新聞社は一切の責任を負いません。また、投稿は利用規約に同意したものとみなします。

    利用規約

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕
    2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
    3. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
    4. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
    5. 長崎新聞社長がセクハラ発言か 女性社員に「愛人やろうもん」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです