メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

記者死亡 トルコ声明に注目 容疑者暴走説/皇太子指示説

 【エルサレム高橋宗男】サウジアラビア政府を批判してきたサウジ人記者、ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で死亡した事件で、トルコのエルドアン大統領は23日にも事件に関する声明を発表する。トルコが捜査結果を公にするのは初めて。最大の焦点であるサウジのムハンマド皇太子の関与を含め、これまでトルコ当局者の情報として報道された内容とサウジ側の説明には食い違いも多い。大統領の発言に国際社会が注目している。

 事件についてのサウジ側の説明は一貫していない。20日未明の国営通信を通じた発表では、容疑者18人を…

この記事は有料記事です。

残り821文字(全文1083文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  3. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  4. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  5. 「衆院選をやるなら7月以外にない」 麻生氏、首相に衆参同日選を進言 ちらつく「4選」戦略

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです