メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

記者死亡 米映画界にも波紋 投資契約、大手事務所が破棄検討

 【ロサンゼルス共同】サウジアラビア政府を批判してきたサウジ人著名記者が行方不明になった事件の影響が米国の映画・メディア業界にも広がり始めた。ハリウッド俳優を多数擁し映画製作も手掛ける大手芸能事務所が、サウジのファンドと締結した巨額投資契約の破棄を検討し、複数のメディアがサウジでのイベント後援を取りやめた。

 石油依存脱却を目指すサウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は今春、シリコンバレーやハリウッドを訪…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文417文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです