メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来投資会議

中途採用拡大、議論へ 雇用見直し官民で 来月新協議会

未来投資会議で発言する安倍晋三首相(右列中央)=首相官邸で22日、川田雅浩撮影

 政府は22日、成長戦略を議論する「未来投資会議」(議長・安倍晋三首相)を開き、中途採用の拡大や新卒一括採用の見直しを目指し、官民トップからなる新たな協議会を設置することを決めた。大企業に対し、中途採用比率の情報公開を求めることでも一致。先行事例を広めることで、従来型の雇用制度の見直し機運を高める。

 安倍首相は「中途採用拡大、新卒一括採用の見直しについて、私自身先頭に立って、熱心な大企業を集めた協議会を創設し、運動を展開していきたい」と述べた。首相がトップを務め、経団連の中西宏明会長や、多様な採用形態の導入に積極的な大企業経営者三十数人がメンバーとなる。11月をめどに第1回会合を開く。

 日本の大企業は、新卒一括採用、年功序列、終身雇用といった雇用制度が一般的だ。採用形態を変えることで…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文997文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです