メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨のち晴れ

アディダス・ショックをバネに デサント社長・石本雅敏さん

 大学卒業後、電通や外資系の製薬会社に勤務しました。1995年1月の阪神大震災から間もないある日、久しぶりに会った当時会長の父親がだいぶ老けて見えました。苦労していたのでしょう。そんな父親を見て「デサントで頑張ろうかな」とふと思ったのが入社のきっかけです。しかし、入社して間もなく、大変な危機に見舞われました。

 入社すると、ライセンス契約を結んでいたドイツのスポーツ用品メーカー、アディダスの販売戦略を担当することに。スポーツウエアなどアディダス人気で業績は好調。売り上げの約4割を占めていて稼ぎ頭でしたが、97年ごろに突然、1年後に契約を打ち切ると通告されました。経営陣が変わり、世界各国で結んだライセンス契約の見直しを進めていたからです。30年近い取引があったため「うちは大丈夫」と油断がありました。

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1195文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです