メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

+2℃の世界・温暖化と生きる

資源使用、60年に2倍超 温室効果ガス1.5倍 11年比 OECD予測

 経済協力開発機構(OECD)は22日、金属や化石燃料など生活や産業に必要な資源の使用量が、2060年に世界で11年の2倍以上になると予測した報告書を公表した。採掘や燃焼に伴う温室効果ガス排出量は1・5倍以上に上るという。

 報告書によると、世界の資源使用量は11年に790億トンだったが、60年には1…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです