メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

サウジ大動乱へ=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 サウジアラビアは大動乱期に入った。ジャーナリストのジャマル・カショギ氏は、アブドラ前国王の時代にはサウジ王朝の内部にも支持者がいた。彼は自らの言論を「異議申し立て」とも考えなかった。トルコ・イスタンブールで殺害された彼の家族の出自は古代トルコ文化の中心地アナトリア地域に発するという。

 彼がサウジで実権を握るムハンマド・ビン・サルマン皇太子批判に回ったのは、名も義も利もない隣国イエメンへの苛烈な軍事介入からだ。そして昨今ではサウジ拠点のジャーナリストの投獄という状況への批判も加わった。

 原油代金であふれかえるサウジのイメージが濃いが、国際通貨基金(IMF)のマクロ経済指標を並べれば、…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです