メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

性犯罪に厳しい英国に学ぶ

レイプクライシスセンターで担当者(億列左側の3人)から説明を受ける視察の参加者たち=ロンドンで、本橋由紀撮影

 性犯罪を厳罰化した刑法改正から1年あまり。被害者支援の先進国、英国に学ぼうと、性暴力の被害者らが行った現地視察にこの夏、参加した。「同意のない性交渉は性犯罪」とする英国では、被害者への支援策が張り巡らされていた。

 ●あなたは悪くない

 視察には性暴力被害の当事者団体である一般社団法人「Spring(スプリング)」(山本潤代表理事)のメンバー、弁護士など12人が参加した。日本の刑法は昨年夏改正・施行されたが、性犯罪の被害者保護の観点からは問題点が残る。さらなる見直しが求められており、英国でヒントを探るのが目的だ。

 初日は弁護士の藤本圭子さん、ロンドンで民間の放課後クラブを運営するシャープ千穂さんらが、英国での性被害や再発防止策の現状について参加者に解説した。

この記事は有料記事です。

残り1923文字(全文2255文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3Dプリンターで防護具 大阪大チーム作製 新型コロナ対策

  2. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  3. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  4. 新型コロナ 福岡市で1人死亡、新たに15人感染 市長「感染拡大警戒地域に移った」

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです