メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

性犯罪に厳しい英国に学ぶ

レイプクライシスセンターで担当者(億列左側の3人)から説明を受ける視察の参加者たち=ロンドンで、本橋由紀撮影

 性犯罪を厳罰化した刑法改正から1年あまり。被害者支援の先進国、英国に学ぼうと、性暴力の被害者らが行った現地視察にこの夏、参加した。「同意のない性交渉は性犯罪」とする英国では、被害者への支援策が張り巡らされていた。

 ●あなたは悪くない

 視察には性暴力被害の当事者団体である一般社団法人「Spring(スプリング)」(山本潤代表理事)のメンバー、弁護士など12人が参加した。日本の刑法は昨年夏改正・施行されたが、性犯罪の被害者保護の観点からは問題点が残る。さらなる見直しが求められており、英国でヒントを探るのが目的だ。

 初日は弁護士の藤本圭子さん、ロンドンで民間の放課後クラブを運営するシャープ千穂さんらが、英国での性…

この記事は有料記事です。

残り1947文字(全文2255文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  2. 介護の母を殺害、長女に実刑判決 地裁 /熊本

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです