メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチの教授

@大学 ウチの教授 日本大・榛葉繁紀さん 反薬物使用 正しい知識を

 「夜遅くに食べると太る」ことを分子レベルで初めて明らかにした研究者として知られる。体内時計を調節するたんぱく質が、脂肪をため込む作用も持ち、午後10時から午前2時ごろに、その働きが高まることを突き止めた。

 小学生の頃に自宅でニワトリを飼っていたこともあり、「生命に関わる仕事をしたい」と薬学研究の道へ。大学院修了後、武者修行で行った米ベイラー医科大で高いレベルでの研究生活を経験し、本格的に志した。

 体内時計に関する研究は、強い毒性を持つダイオキシンとたんぱく質の研究がきっかけ。ダイオキシンを取り…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

  4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです