メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチの教授

@大学 ウチの教授 日本大・榛葉繁紀さん 反薬物使用 正しい知識を

 「夜遅くに食べると太る」ことを分子レベルで初めて明らかにした研究者として知られる。体内時計を調節するたんぱく質が、脂肪をため込む作用も持ち、午後10時から午前2時ごろに、その働きが高まることを突き止めた。

 小学生の頃に自宅でニワトリを飼っていたこともあり、「生命に関わる仕事をしたい」と薬学研究の道へ。大学院修了後、武者修行で行った米ベイラー医科大で高いレベルでの研究生活を経験し、本格的に志した。

 体内時計に関する研究は、強い毒性を持つダイオキシンとたんぱく質の研究がきっかけ。ダイオキシンを取り込むたんぱく質が、体内時計を調節するたんぱく質と似た構造だと分かり、そこから肥満との関係を明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです