メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食・FOOD

ご飯引き立てる3品 秋の味覚で彩り加えて

 <くらしナビ ライフスタイル>

 ふっくらつやつやの白い粒。ふわっと湯気が立ち上る炊きたての新米を見れば、ほかにはもう何もいらない気分だ。江戸懐石料理「近茶(きんさ)流」を継ぐ料理研究家、柳原尚之さんに、おいしい炊き方とご飯を引き立てる3品を教えてもらった。

 宝石のように光り輝くイクラは、サケが川をさかのぼる秋が旬。「しょうゆ漬け」は、しょうゆの色で赤みが増すのを紅葉になぞらえ、柳原家では「紅葉漬け」と呼んでいる。今の時期、真っ先に作りたい「ご飯のお供」だ。

 薄い膜に包まれたサケの生筋子は手でほぐし、指でしごくようにイクラを外していく。この段階で膜が残って…

この記事は有料記事です。

残り1813文字(全文2094文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです