メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

WTAファイナル 大坂、初戦は黒星 攻め急ぎ、力み生じ

WTAファイナル初戦で敗れた大坂=ロイター

 【シンガポール共同】女子テニスの年間成績上位8人、8組によるWTAファイナル第2日は22日、シンガポールで行われ、シングルスの1次リーグA組で初出場の世界ランキング4位、大坂なおみ(日清食品)は同6位のスローン・スティーブンス(米国)に5-7、6-4、1-6で敗れ、黒星スタートとなった。

 シングルスで日本選手がWTAファイナルに出場するのは2003年の杉山愛以来。1次リーグは4人ずつ2組に分かれて総当たりで争われ、各組上位2人が準決勝に進む。

 同じA組で、世界2位のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)は同9位のキキ・ベルテンス(オランダ)と対戦。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文743文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  3. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです