メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者雇用

水増し問題 「故意性ない」に憤り 障害者「検証は表層的」

障害者雇用に関する関係府省連絡会議で発言する根本匠厚生労働相(左から2人目)=首相官邸で22日、川田雅浩撮影

 28機関で3700人もの不正計上が認定された中央省庁の障害者雇用水増し問題。第三者検証委員会は「組織としてのガバナンスが著しく欠如していた」と省庁を批判したが、故意性は否定した。障害者団体の関係者からは「検証は表層的」との声も上がった。【山田麻未】

 22日の記者会見で第三者委の松井巌(がん)委員長は「水増しは故意ではなかったか」との質問に「主張を覆す裏付け証拠が出てくれば別だが、故意性、意図性は認定できない」と繰り返した。

 こうした検証結果に、日本障害者協議会代表の藤井克徳氏は「なぜ長期間にわたり、これだけ大規模に水増し…

この記事は有料記事です。

残り1117文字(全文1381文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです