茨城・東海第2原発

「再稼働反対」 那珂市長、周辺6首長で初言及

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 茨城県那珂市の海野徹市長が22日、毎日新聞の取材に対し、日本原子力発電東海第2原発(同県東海村)の再稼働に反対する意向を明らかにした。再稼働への「実質的な事前了解権」を含む新たな安全協定を原電と結んだ周辺6市村の首長で賛否を明らかにするのは那珂市が初めて。

 海野市長は理由として、過酷事故に備えて市町村が策定を求められる広域避難計画を挙げ「完璧な計画はできない。高速道路のゲートを通るだけでものすごい渋滞になる。バス会社も運転手を出さない。住民のことを考えると動かさ…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文586文字)

あわせて読みたい

注目の特集