メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

芦田淳さん 88歳=服飾デザイナー

優雅で洗練

 日本を代表するファッションデザイナーの一人で、皇太子妃時代の皇后美智子さまの衣装を手がけた芦田淳(あしだ・じゅん)さんが20日、肺炎のため死去した。88歳。葬儀は近親者で営んだ。お別れの会を後日開く。

 1930年、朝鮮半島の全州生まれ。太平洋戦争直前に日本に引き揚げ、高校卒業後、少女画家の中原淳一さんに師事。60年から高島屋と帝人の顧問デザイナーとなり、日本におけるプレタポルテ(高級既製服)をもり立てた。64年から「ジュンアシダ」のコレクションを発表。優雅で洗練されたデザインが特徴で、皇族や著名人の愛用者が多かった。幼少時の皇太子さまの背広を仕立てたことがきっかけで、66年から10年間、美智子さまの専任デザイナーを務めた。皇太子妃雅子さまのご結婚時にイブニングドレスをデザインした。

 77年、パリコレクションに初参加。89年に現地の高級ブティック街に直営店を開いた。96年アトランタ…

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文1167文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです